アパート経営をする為には過去の失敗事例をチェック|資産を潤す方法

集合住宅

サブリース契約には注意

電卓を持つ人

アパート経営をする場合には、良い言葉だけを信じるのではなく失敗事例も良く調べておいてから収支計算をしましょう。相場よりは少し高めの設定にはなっていないか、今後のアパートを計画している周辺の状況も自分で調べて置くことも重要です。

詳細を読む

マンション投資を考えます

マンション

不動産を残せます

高度経済成長期における日本社会では金融機関に対する預貯金だけでも一定の資産形成を行うことが可能でした。しかし、日本経済の長期低迷に伴って、資産を増やすためには自主的に投資活動を行うことが必要になりました。不動産投資は比較的リスクが低い一方で、高い収益を確保できる傾向にあります。 その中でもアパート経営は想定した収益を上げることが出来ずに失敗したとしても実物資産として不動産を所有することができるので、売却すれば利益を上げる可能性があります。また、低金利社会では自己資金が少額でも建築予定の物件自体を担保にして多額の資金を借りてアパート経営を行えます。更に、借り入れたローンは、相続対策や節税対策として活用することが出来ます。

悪循環に陥ります

アパート経営は他の投資商品と比較して安全と言われていても、失敗する可能性が全くない訳ではありません。特に空室が増加して収益率が悪化すると、資金が不足することでリフォーム等の改修が疎かになってしまって更に入居率が低下してアパート経営に失敗しやすくなるという悪循環に陥る特徴があります。そのため、失敗しないためには早期に対策を講じることが大切です。 その中で最も有効的な方法が過去の事例をみておく方法です。また、本来は安全性の高いアパート経営を失敗する場合は、周辺環境等の立地段階から既に収益性が悪くなる要因が潜在している可能性が高いことは珍しい事例ではありません。そのため、不動産事業者等からの勧めでアパート経営を始める場合は、言われることを鵜呑みにすることは大変危険です。

集合住宅で収益を得る

オフィス

マンション経営の人気が支えられているのは、継続的な運営をする上でのリスクマネジメントに効果的だからです。ですが初期投資額に関しては一軒家を建築するよりも高額なので、中古マンションを買い取る手段が人気だと言われています。

詳細を読む

経験者が陥る落とし穴

電卓

キャリアの長い父がマンション投資手失敗した体験談。経験がある、今まで成功しているという自負が、起こしてしまった失敗です。特にオーナーチェンジ物件は要注意です。購入前にマンションの評判を確認しておきましょう。また、專門業者に依頼することも大切です。

詳細を読む