サブリース契約には注意|アパート経営をする為には過去の失敗事例をチェック|資産を潤す方法

アパート経営をする為には過去の失敗事例をチェック|資産を潤す方法

女性

サブリース契約には注意

電卓を持つ人

家賃は補償されるが金額は

アパート経営をすることにおいて失敗事例は沢山ありますが、良く言われているのがサブリースと言われる長期に一括で借上げらる方法です。一括借上げは、オーナー側は何もしなくても毎月の家賃が入ってくるので安心なのですが、建物は古くなって空き室が発生してくるかも知れません。古くなると家賃を下げざるを得なくなってしまう事例が発生してきます。その家賃の金額までは、サブリース契約では保証されません。なぜなら、契約書の中にその事例が記載されています。ほとんどの方がここは読まれていませんので、アパート経営に失敗してしまうのです。空き室が発生している場合も同じように書かれていますので契約の内容は良く読んでおきましょう。

サブリースの特徴は

家賃の保証はするが金額は保証されないことは解かって貰えたと思います。長期に渡って家賃が同じという事はあり得ない話です、建物も古くなってきますので、修理は必要になりますし、その費用は加味されないで収支が算出されていますので、アパート経営の落とし穴となっています。また、アパートを建てた時の工事費も適正な金額だったのか不明です。依頼した会社だけの見積りで発注したとしたら、通常より高くなっている場合が多いからです。その時は複数の会社から見積りを取っておけば失敗していなかったと言っても、もう遅いのです。失敗しないためには、これらの点をしっかり踏まえた上で、計画的に行動することが大切です。リスクを軽減させることによって、アパート経営で長期的にア安定した収入を得ていくことができます。